大きな新築一戸建ての引越を伴う搬入設置時のブランド家具:「Tom Dixon|Y Chair 」

S様ご新居への引越を伴う東京の巨大新築一戸建てをステージに行われた一大プロジェクト(搬入・養生・保管・遠方輸送)

 

 

ミラチェアを運ぶ

この記事では、その事例で取り扱った最新デザイナーズ家具の一つ「Tom Dixon|Y Chair 」をご紹介いたします。

 

価値ある沢山の家具

リビングダイニングのインテリア

ご新居となる一戸建てのリビングやダイニングをはじめ、すべてのお部屋には、イギリス、イタリア、ドイツ、デンマークなどヨーロッパ中心に斬新なフォルムの家具や小物が、たくさん運び込まれていきました…

 

 

Yチェア

そんな中一際、目立つ「ウサギの耳のような…椅子」これは、斬新ですよね。(*^-^*)

この椅子がトム・ディクソンのYチェアです。

 

 

「Tom Dixon:Y Chair Natural Oak Base」

ワイチェア.1

〔製品名〕
 Y Chair Natural Oak Base
 (ワイ チェア ナチュラル オーク ベース)

〔ブランド〕
 Tom Dixon
 (トム・ディクソン)

〔デザイナー〕
 Tom Dixon
 (トム・ディクソン)

〔素材〕
 ガラス繊維強化ナイロン・オーク
〔サイズ〕
 W500xD427xH940(㍉)

 

Yの印象が特徴的なチェアです。

一見デザイン重視に見えると思いますが、実は、人間工学に基づいて考えられています。

その為、疲れにくく長時間座って居られるそうです。

ご家族様の「団らんの場」であるダイニングルームには、最高ではないでしょうか。

 

 

ワイチェア.2

 

 

デザイナー&ブランド:
Tom Dixson(トム・ディクソン)

1959年チュニジア生まれ、チェルシーアートスクール中退、溶接技術を独学で学び家具やオブジェ制作を開始したそうです。

そして、1991年イタリアブランド「カッペリーニ」で代表作となる「Sチェア」(MoMAコレクションにも加えられる、美しいS 字の流れるようなしなやかな曲線美はインパクト大!)を制作しました。

その伝統と現代を融合させた革新的なデザインを用いて、ホテルやレストランプロデュースも手掛けます。

2000年には、それまでの功績から大英勲章を受章してしまいます。

そして、2002年にインテリアブランド「トム・ディクソン」をイギリスに設立し、照明、家具、ホームアクセサリーを素材そのものの特徴を生かしながら、独創的な創作手法で自身のブランドを展開していきます。

2015年7月には、「TOM DIXON SHOP」が日本初渋谷にオープン。

一種異端的、且つ工業的なアプローチをする現在ヨーロッパでは、最注目のデザイナーの一人なのだそうです。

 

斬新な価値ある家具の取り扱いで思うこと

トム・ディクソンの作品は、本当に斬新でスタイリッシュなものが多いと思います。

そんな作品にはデザイナーの「反骨精神」が見られるように思えます。

伝統と現代の融合されたデザイン。

イギリス国旗のユニオンフラッグ(ジャック)が、様々な歴史的要素が重なり現代に至ったように…

 

イギリス国旗

 

クラシックとコンテンポラリーが重なり、新しい価値を創造しているように思えます。

価値ある家具を取り扱うことは、我々スタッフにとっては光栄なことです。

ヨーロッパでは、現在でも家具を大切に使っていく文化があるそうです。

家具によっては、世代を超えて代々受け継ぐようなアンティーク家具もあります。

 

 

荷物を運び込む作業リーダー

お客様のそんな思いと価値ある家具を取り扱い、新築の一戸建てに運び込む。

 

 

プランナーと打ち合わせ

だからこそ、プランナーから現場スタッフまで、関わるスタッフ全員で共有しなければならない情報があり、綿密な計画と高い作業品質が必要です。

そしてその結果、お客様が喜んでいただけること、それがサービスだと我々は考えています。

 

≫≫この記事の事例へGO!

 

お気軽にご相談くださいませ。

価値ある家財のお取り扱いでお悩みのお客様方、お気軽にご相談くださいませ!

スタッフ一同、心よりお待ち申し上げます。