「依頼した引越業者が来ない…」即日引越+荷物保管でお悩みを解消!

今日の引越しできますか?荷造りもできていないんです。

A様より夕方18時30分頃、連絡が来ます。

 

実は、午後13時から依頼していた引越し屋さんが来ないんです。箱詰めからお願いしていたので段ボールも無い状況で、月末で明日までに退去しないと…

 

即日退去に対応するスタッフ

お聴きした内容をシステムへ入力していくスタッフ

良くご事情を聴いてみると、以下のようなことがあったそうでした。

 

依頼していた業者とのやり取り
業者:
「前の引越作業が遅れています、もう少しお待ちください。」


A様:
「17時過ぎですけど、(依頼されていた引越し屋さんに)いつに来るんですか?」


業者:
「今日はやっぱりいけないので、明後日以降にするか?キャンセルしてください!」

と…そんな状況が起こって疲れてしまったようでした。

 

翌日の不動産屋さんとの立ち合いに間に合うように、今日中に退去する。

その目的を完了するために 即日搬出+荷物お預かりプラン をご提案しました。

 

夜遅いので新居へのお届けは、3日後の午前中にしてもらえると助かります。

 

そうして、3日後のお届けという内容で、都内のご自宅へ向かう準備へ取り掛かります。

 

倉庫出庫前に車両安全の確認

自社倉庫出発前準備

A様のご自宅で使用する段ボールや食器包み、ガムテープなどを自社トラックの荷台に積み込みを完了します。

その後は、使用するトラックの安全確認を実行します。

 

 

自社倉庫出庫前の安全確認.1

基本的な点検を日々確実に実行することは、緊急時でも優先されます。

 

 

自社倉庫出庫前の安全確認.2

一つ一つの作業が一貫して担保されることが仕事として安全を担保します。

そして、東名高速横浜町田インターから都内へ向かいました。

 

荷物の仕分けと荷造りから開始

荷造りするスタッフ.1

現地到着後、お客様と一緒に荷物の仕分けの打ち合わせを行います。

 

「仕分けとは?」

1. 転居先に運ぶもの


2. 捨てるもの


3. 置いていくもの


4. 売るもの・あげるもの

 

など「荷物の行先を分ける」ことです。

 

我々スタッフは、まず捨てるものを一箇所にまとめ、マンション備品を備え付けの棚の中にしまいます。

 

 

荷造りするスタッフ.2

そして、運ぶものつまり、当社倉庫でお預かりする荷物の荷造りを開始していきました。

 

 

荷造りするスタッフ.3

食器は専用の資材で包みます。

 

 

荷造りするスタッフ.4

中身を記載していきます。

 

 

荷造り完了

箱詰め終了後は、30箱以上の段ボールができあがりました。

 

荷物の運搬と近隣への配慮

21時ごろ到着した為、荷造りが終了したときは23時近くになっていました。

これから、搬出作業を開始します。

 

 

夜間の引越作業.1

近隣の方に極力ご迷惑にならないように、「音」には細心の注意を払います。

台車は音の静かな 静音台車 という道具を使い、アイコンタクト などで作業を進めます。

 

 

夜間の引越作業.2

自社トラックにすべての荷物が積み上がり、A様も

 

本当に助かりました。
ありがとうございます…

 

涙ぐむように、心から安心されていました。

 

自社倉庫だから可能|即日保管

保管倉庫に戻るトラック

東名高速道路を走らせ、神奈川の自社保管倉庫に戻り、荷物の格納作業を開始いたします。

自社のスタッフが一貫して作業を実行できる体制と自社室内大型倉庫が、即日の荷物預かりを可能にしています。

そして「即日退去プラン」が実行できます。

 

 

保管ラック格納.1

A様の荷物を、保管専用ラックに格納していきます。

 

 

保管ラック格納.2

除湿剤などを投入後、ホコリが入らぬよう保管ラック周囲に、専用ラップを巻いていきます。

 

 

保管ラック格納.3

天井にもラップを巻き…

 

 

保管ラック格納.4

ID番号を貼ります。

 

 

保管ラック格納後

A様のお荷物は ”2ラック” に無事運び出しスタッフにより格納されました。

 

 

荷物のお届け

参考写真:今回のお客様の荷物ではございません

そして、3日後の午前10時ごろ、お届け完了…

 

引越保管作業が終了して

担当スタッフ

左:マツモト|右:オオイシ(担当スタッフ)

A様、この度はご利用いただきましてありがとうございました。

はじめにご自宅でご挨拶したときは、本当にお困りになられていて、私たちも「大丈夫ですよ!安心してください。」と何度も伝えたのが印象的でした。

作業が始まり、落ち着かれていくのが分かり「ホっ」としました。

今回は、大変なお引越しになってしまいましたが、ご新居では、無事に笑顔で、搬出も終了し良かったです。

次回は是非当社で、日中のお引越しをご利用くださいませ。

ありがとうございました。

頑張ってください!

 

荷物お預かり便LP

 

お気軽にご相談くださいませ!

お気軽にお問い合わせください

家財のお取り扱いでお悩みのお客様方、お気軽にご相談くださいませ!

スタッフ一同、心よりお待ち申し上げます。

 

お問合せフォーム

フリーダイヤル
 ➡0120-980-396


メールアドレス
 ➡service@premium-storage.co.jp

注)2018.6.社名変更「プレミアムストレージサービス」