荷物一時預かり~倉庫作業の品質を追求した室内型保管サービスとは?

チトセ神奈川県座間倉庫:総面積1554㎡:470坪 (大型平屋倉庫が敷地内に2棟!)

「建て替えリフォームで長期間荷物を預けたいけれど、どこに預けるのが安全なのか?」
「そもそもトランクルームや倉庫って沢山あるけど、何が違うのか?全く分からない。」
「ネットで検索したら沢山の業者が、探すの面倒だしどんな人がくるのか?不安。」

一言で「トランクルームや倉庫」といっても、様々な業者が存在しています。
それゆえ、混乱されるお客様は多いと思いますし、価値のある家財や思い入れのある大切な荷物をお持ちのお客様には、よりご不安な状況であると思います。チトセが、保管サービスを始めたのも、実は、そんな「お客様の声」からです。

今回は、荷物の保管に対して、不安のあるお客様方に、先ずは
「トランクルームや倉庫の違い」をご説明させていただきます。

そして、チトセの室内型保管サービス(My cargo service)の全貌
余すことなくご紹介させていただきます。

チトセ横浜町田本社倉庫:総面積1755㎡:531.8坪(事務所2階建て、倉庫部分3階建て)

トランクルームの違いは、2つのタイプに分かれる


 トランクルームは、様々なタイプがあり、混乱すると思いますが
実は、大きく分けて2つのタイプに分かれます。
不動産業者」が運営するトランクルームと
倉庫業者」が運営するトランクルームです。

『不動産業者が運営するトランクルームは「場所を貸す」サービス』

現在、街中でよく見かける「トランクルーム」の看板。
それは「レンタル(収納)スペース」というサービスになります。
名前の通り「場所(スペース)を貸す」ためのサービスです。
賃貸のアパート・マンションと同じ「賃貸契約」と考えれば、分かり易いと思います。
賃貸ですので「レンタルスペース」に運び入れた、お荷物の管理は「自己責任」です。

「お荷物に対する保険や補償内容」は、運営業者により異なります。
その為、何らかの事情で、荷物に対する破損や汚損が生じた場合も
補償が適切に、受けられないこともあります。

屋内型レンタルスペース。ご自身で積み重ねたお荷物、自転車とソファが接触!汚れてしまいます。

レンタルスペースは、24時間出入り自由です。利便性が高いサービスですが
セキュリティ設備の設置は、運営者側に任されています。
その為、防犯レベルは、他と比べると高いとは言えないかもしれません。
(※)補償や手続き、個人情報の問題についても、しっかり確認しておくことが必要です。また、お荷物の運搬作業は、原則的に「ご自身で行う」ことになります。
(※)荷物の価額が高額の場合は、保険内容をご確認ください。

家財の運搬や荷物の積み重ねについては「プロの技術」が必要な場合もあります。預ける荷物の材質や形状、大きさや数量に応じて、十分なご検討が必要です。荷物に対し「ピッタリサイズのスペース」をご自身で選択するのは、慎重な検討が必要です。
「広すぎるや狭すぎる!」問題が後から起こり、費用が余計にかかることもあります。

また、レンタルスペースのタイプは、2種類あります。屋内型と屋外型です。
屋外型は「鉄製コンテナ」が多く使われていて、季節による温度・湿度の変化の影響を受けやすいという一面があります。

屋外コンテナの事例:家電や日常品が、天井までびっしり、破損や変形、結露が心配です。

高価な家財や家電の保管には、十分にご検討ください。そして、レンタルスペースを検討される際には「用途」に応じて、詳細をご確認ください。

『倉庫業者の運営するトランクルームは「荷物を預かる」サービス』

倉庫業者のトランクルームは「荷物を預かる」為のサービスです。
荷物に対する保管義務」は、倉庫業者にあります。
万一、荷物に対する破損や汚損が生じた場合は
(※)倉庫業者側が、補償いたします。

(※)契約に基づいてとなりますので、内容はよくご確認ください。

メリットは、高度な防犯設備となります。
その為、荷物の出し入れについても、営業時間内となる事が一般的です。
「レンタルスペース」のように、24時間出し入れ自由という利便性はありません。しかし、出入りする時間や人が「制限されている:ルールがあること」は
防犯上安全です。

手続きは「レンタルスペース」と比べ複雑な場合もあります。
倉庫業者のトランクルームを利用する際には「予め計画的に預けること」が大切です。

運搬は「倉庫まではご自身で、倉庫内は業者側で行う」ことが一般的です。
業者の中には、運送会社と提携を結び、運搬を行ってくれるサービスもございます。ご自身で運搬を考えられているお客様は、一度、業者にご確認くださいませ。


室内型保管サービスは「運ぶ+預かる+改善する」


 最後に、我々の保管サービスをご説明いたします。
チトセの保管サービスは「My cargo service:Myカーゴサービス」と
呼びます。「運ぶ」「預かる」「改善する」3つを
(※)組み合わせた室内型保管サービスです。

(※)組み合わせなくとも利用可能です。

サービスコンセプトは
預かるだけではなくお荷物を入庫時より、良い状態にしてお返し差し上げる」です。

室内型保管サービス(My cargo service

シルバーブランド「クロムハーツソファの運搬」珍しい特注のホワイトレザー!

特殊な保管用シートで全体を覆い、室内暗室へ置きます。(写真:プレミアム保管)

『保管専任プランナーの一貫した対応』

電話・メールの対応は、ベテランオペレーターが、丁寧にヒアリングの
うえ内容により、保管専任プランナーが、現地調査に伺います。
その場所で、より詳細な情報をお聴きしたうえで、プランの作成をいた
します。
その後、荷物量に対する収納ラックの数量、積載するトラックのサイズ
運搬する人数を算出して、ご提案差し上げます。

保管専任プランナーが、現地調査後、プラン作成のうえ、ご提案させていただきます。

搬出から倉庫入庫まで、倉庫出庫から搬入・設置、レイアウト変更や開梱片付けまでの実行サポートを一貫して(※)専任プランナーが対応いたします。

熊坂様インタビュー「(※)プランナーの役割とは?」

『保管専任プランナーを中心とした、事前準備で「共通の目的」を確認』

5日行程の大規模な案件の事前準備を兼ねた、プランナーを中心とした全体ミーティング。

チトセでは、様々なサービスを組み合わせた内容のプロジェクトが多いです。
全ての案件に対して「プランナーを交えた事前ミーティングを行う」ことは
スタッフ同士で決めた「厳格なルール」となっています。

関わるスタッフ全員が参加し、本社1階のミィーテイングルームで、日々、
意見交換や議論が行われています。ここで「共通の目的」を確認します。
目的を確認して、方向を定め、役割分担を行い、各サービスに臨みます。

『価値ある荷物・家財の取り扱いに特化したプレミアム保管サービス』

保険については、「運送保険1000万・保管物賠償責任保険2000万」補償を付帯しています。家財のグレードに応じては、特約にて無制限でご対応いたします。

世界の様々な、「価値ある家財」の取り扱いを、日々、東京都、横浜市を中心に行っています。

16世紀アンティークチェスト、イタリア製飾り棚、巨大ガラス製伸縮式ダイニングテーブル、総革使用のカウチソファ、高級シャンデリア、特注大理石オフィステーブル、など
保管運搬、解体組立、吊り上げ、梱包開梱、養生、特殊作業・・まで」

「価値ある家財」の取り扱いと知識豊富なベテランスタッフの技術レベルは
業界屈指
です。

写真:シリック(イタリア製家具)にマイセンやヘレンドの食器が沢山!(厳重な保管用梱包)

長期保管梱包では、知識のあるベテランスタッフたちが、専用資材を使用し
厳重な梱包サービスを実行いたします。

『徹底された実行の報告体制』

一般的に、倉庫内作業は、お客様にとって、ブラックボックスになる傾向があります。その為、我々は、荷物を格納するまでの「作業過程」「ラック格納後」の写真をメール又は郵送にて、各お客様方へお送りし、ご報告を差し上げることで、ご安心いただいております。

倉庫内作業過程の報告写真、作業説明を1枚1枚に記載します。実際にお送りしたものです。

各お客様方を担当した現場のサービススタッフが、責任をもって、ラック格納作業まで一貫した対応で実行いたします。写真は、サービススタッフが撮影し、本社内編集スペースで作業をし、各お客様方にメール又は、郵送にて、ご報告させていただきます。

ラップでラック周囲を巻いた後、ID番号を左上に、記載して情報管理いたします。

ラック格納作業は、お客様方にご報告差し上げる為、写真撮影をいたします。
しかし、それだけではなく、会社全体で「情報共有」する目的があります。
チトセでは、作業品質を保つために、「厳格な基準」を定めています。
情報共有とそれに対する厳格な基準により、品質が担保される仕組みになっています。

ご希望に応じて、保管中のお荷物の状態管理サービスも行っています。細部にわたるチェックを、ベテランスタッフの確かな目で実行いたします。

プレミアムブースでは、2か月に1回定期、状態確認とクリーニングが行われます。

家財や段ボールの状態チェックやリパックを行ったうえ、定期的に写真とメールで、ご報告差し上げています。

『安全な倉庫設備と安心の管理体制』

倉庫内設備管理は、空調及び自動吸排機能付換気システム、動力システム
エレベーター、自動シャッター、感応式LEDライト・・
また、有人管理では、巡回目視管理と状態チェック・・
あらゆる家財や荷物に適した、ハイスペックな仕様にいたしました。

安心を担保するため、あらゆる荷物に適した環境を室内型有人倉庫は、備えています。

プランの実行状況、及びお客様に関わる全ての情報については
ID番号にて一元管理されています。

お客様の個人情報は、システム内で厳重に管理され、荷物については
有人管理と機械管理の併用管理体制により、セキュリティ対策も万全です。

システム内に、顧客の情報を入力するスタッフの表情は真剣そのものです。

『預かるだけで終わらない、保管期間中の「改善サービス」とは?』

お荷物、家財の保管中には、クリーニングやリペアサービスなど
様々な「改善サービス」をご用意しています。
家財クリーニング:ソファー・ベッドマット・絨毯クリーニングなど
家電クリーニング:、洗濯機分解・冷蔵庫など
荷物をお返しする際には、より綺麗な状態で、快適にご使用いただけます。
プロのハウスクリーニング事業者でもある、チトセならではのサービスです。

ソファ、ベッドマツトのクリーニングの写真。保管中の家財クリーニングは大好評です!


室内型保管サービスを始めた理由


我々が、保管サービスを始めたのは、トランクルーム(レンタルスペース)にご自身でレンタカーを借りて何度も往復して運搬していたお客様から
「革張りのソファとガラスのダイニングテーブルだけ、搬入してほしい。」
というお電話をいただいたのが、きっかけです。

すぐに、現地にスタッフが伺うと、少し疲れた、ご年配の紳士のお客様が
「腰痛めちゃったよ!」と笑顔で話してくださりました。
「なぜ?そうまでして、ご自身で運ぶ必要があったのだろうか?」と
率直に疑問が湧きました。そして、それには様々な理由がありました。

「大切な家財を預けるのに、安心できる倉庫が分からない。」
「処分もしたいし、運搬から保管の相談まで、全て1社でできる業者がいない。」
「手続きが面倒で分かりづらかったので、それなら!とレンタカーを借りた。」

コスト面とは全く別の理由からでした。

大型サーキュレーターによる湿度管理、ラップ巻きによる防塵対策を行います。(ハイグレード保管)

大きなソファは連結ラックに入れて、正位置保管(立てません)

また、他業者の保管サービスをご利用したお客様方からも

「家具が傷だらけの上、変形して帰ってきた。」
「カビが取れなくなってしまったうえ、保障してもらえなかった。」
「紛失して、業者に訪ねても、いまだ連絡がかえってこない。」
「途中で出したいものが出てきて、相談したら契約上無理だと言われた。」
「保管の状態見せてください、と話しても内部規定で見せられない!」

様々なお客様の不安や怒りをお聴きいたしました。

桐ダンスと着物をお預かりしたときの報告写真。プロとして万全の保管サービスをいたします。

お客様の荷物の保管に対する悩み業者の無責任な管理方法と対応の悪さをお聴きし、我々は「安全な室内倉庫を自社保有して、保管に対する悩みを解消して差し上げたい。」という思いを抱くようになりました。そして、使命感を持ち「室内型保管サービス」は誕生いたしました。

現在、室内型保管サービスは「My cargo service:Myカーゴサービス」という名称になり、沢山のお客様方に「作業品質とホスピタリティ」による信頼のサービスとして、喜ばれています。

お客様との繋がりの写真!「作業ではなく、サービスの提供が仕事です。ホスピタリティ!」。

お客様との記念写真は、現在なんと300枚を超えました!横浜町田本社の一番明るい場所、1階休憩・会議室と2階オフィスを繋ぐ、階段壁面や階段部分に飾られています。
出社時、帰社時、スタッフ皆が毎日写真を見られるよう、必ず通るその場所にあります。

信頼されるサービスを、誠心誠意続けることができる原動力の「お客様の声」です。ありがとうございます。

お客様方から、いただいたハガキは、遂に「500枚超!」これこそが、我々
スタッフのサービスを提供する「やりがい!」そのものです。

今後も、我々スタッフは
お荷物を安全な倉庫で預かり、プロとしての厳格な基準で、心を込めた保管サービスを提供する一人ひとりの生活向上実現のサポートをしていきたいと思います。

「The reason for the premium storage services」

 


「価値ある家財」の取り扱いにお悩みのお客様
お気軽にチトセ引越・保管センターにご相談くださいませ!

TEL:0120-561-881
メール:support@cmc1000.com
▶チトセ引越・保管センターのHPへ