海外輸入された 18 世紀フランス製アンティーク家具の受取保管と搬入設置

お気に入りの家具を購入して届くのが楽しみな反面、「もし家に入らなかったら…?」
こんな不安の持つお客様も多いのではないでしょうか?

以前よりチトセと交流のある会社の社長様より 、
「フランスから船でアンティークチェストが運ばれてくる予定で、数日倉庫で預かってもらってから、お客様 のお宅に搬入とセッティングをしたいんです。
大理石の天板が付いていて、高価なうえに、重量が 300 キロ 位あるんですが、チトセさんにお願いできますか?」
とご相談がありました。

フランスのアンティーク専門店から購入されたコモード
フランスのアンティーク専門店から購入されたコモード

〈取り扱った家具〉
アンティークチェスト(コモード)
製造国:フランス
製造時期:18 世紀
材質:ローズウッド、大理石(天板)
サイズ:幅 120~130 ㎝
総重量:推定 300kg

「価値ある家財」の取り扱うことが多い我々は、このようなご依頼時には、すぐに家財をリサーチして、プラ ンナーが現地調査とプラン作成をいたします。
そして、人員を選任、事前準備のうえ、当日に臨みます。今回は、家財も然ることながら、物件も高級物件です。
2 階がリビングのため 300kgの重量がある家具を階段で運搬しなければなりません!ベテラン総勢 7 名で挑みました。


18世紀のアンティークチェスト:コモードとは?


普段あまり聞き慣れない「コモード」という家具、ご存じでしょうか?
コモードとは、ルイ王朝時代にフランスで作られた装飾付の小型引き出し箪笥(チェスト)です。
17~18世紀ヨーロッパの宮廷で、数多くの人に好まれたコモードの優雅な曲線美、ゴージャスな装飾、木目の活かし方とその細工は、まさにルイ王朝時代の宮廷の威厳や品格を漂わせる家具です。
天板部分は主に大理石でできていて、机として、寝室や応接間で使用できるように考えられています。

色調の違う大理石を固めて綺麗に加工された天板は、木目の美しさを最大に生かした「ダイヤモンドリバース型象嵌細工」という技法で作られた引き出しのデザインに見事にマッチしています。
部屋に置かれただけで、全体の格調格式が高くなる、まさにそんな家具ではないでしょうか?

気品あふれる優雅な装飾と綺麗な木目のグラデーションと色調の違う大理石を固めて作られた天板
気品あふれる優雅な装飾と綺麗な木目のグラデーションと色調の違う大理石を固めて作られた天板

我々も、様々な家財を取り扱いますが、コモードのきめ細かい象嵌模様には、18世紀の熟練した家具職人達の誇りや思いを感じます。何世紀も前のチェストが、海を渡り、価値の分かる人のもとに届き、喜びを与えることができる。それは、まさに「モノではなく人へフォーカスしたサービスの結晶」です。
我々も、とても重厚な価値を感じると共に、そのサービス精神に共感します。

〈チェストの歴史について〉
※チェストの原型とされるものは「コファー」と呼ばれる13世紀に作られた、木製の箱に蓋が付いたもので、これが記録にのこる最古の家具(チェスト)だそうです。そして、15世紀に引き出し式のものが現れ、16世紀に広く流通しました。それまでのチェストはすべて長方形が主流だったそうですが、18世紀中期には、装飾きらびやかな、木材を削り、波型の優雅な曲線美を持つチェスト(コモ―ド)が出現して大流行になりました。


ベテランを筆頭にチームワークで完了!高級アンティークチェストの搬入と設置


今回お運びしたこのコモード、ご家族でフランス旅行に行かれた際に、元々アンティーク家具が大好きな奥様が一目惚れして購入してしまったそうですが…

・総重量300kgもある大きな家具を階段で搬入することができるのか。
階段で上がらない場合は他にどのような方法があるのか。
・どうしても2階リビングの絵画の下に設置したい

このような様々な不安を抱えながら、フランスで購入して日本に船便で輸送したそうです。

輸入されたコモードを港に引取りに行き、一旦当社の倉庫で保管。数日後にゲート車に載せて現地へ伺いました。

重量物はゲート車で安全に積載、運搬
重量物はゲート車で安全に積載、運搬

現地では、海外輸入用に厳重に梱包された木枠の箱をハンドリフトで運び、経験豊富なスタッフが専用工具を使って解体していきます。
木材だけでも相当な重さですが、そこに超重量のコモードがチェスト部分と天板部分に分けて収められています。

巨大な木の箱を解体し、チェストと大理石の天板を取り出します。
巨大な木の箱を解体し、チェストと大理石の天板を取り出します。
総勢7名で、重さ推定300キロのコモードを慎重に搬入いたします。
総勢7名で、重さ推定300キロのコモードを慎重に搬入いたします。

チェストの搬入には、細心の注意を払います。
価値の高い家財、高級な物件双方の注意を怠らない様、指揮命令系統をはっきりさせ、実行の管理者が、指示を出し声を掛けながら、慎重に2階リビングまで7人掛かりで上げていきます。

実行管理者が声を掛けます。

「無理しないように、ゆっくり上げてください!階段は1段ずつで!」
「建物の保護はしっかりしているから、安心して大丈夫です。」
「私が、誘導するから、その通りに上がってきてください。」
「後ろ向きは気を付けて!」

「置くとき、返すから重さに振られないよう気を付けて、ゆっくりね!」
「OK!そのまま、そのまま!」

⑦

設置箇所まで到着し、チェストの足とリビングの床が傷つかないように、ゆっくり置きます!

⑧⑨

割れやすい大理石は、木箱に入ったまま室内に運び込んでから、玄関で解体します。
様々な種類の石を組み合わせ固められた大理石の迫力!
こちらも声を掛け合いながら慎重に運びました。

⑩

大理石をのせて、設置完了!
ご覧ください、この優雅で威厳のある18世紀アンティークチェスト(コモード)を!
最後は、空いた木箱を全て回収させていただき、作業完了です。


「この絵の下に置きたかったんです」― 歴史ある大理石コモードの設置を終えて


お客様
「やっぱり!いいわぁ・・・買って良かった!2階に上がって、本当に助かりました。
この絵の下に置きたかったんですよね!ありがとうございました。感謝です。」

チトセスタッフ
「本当に、素敵なチェストですね。木目表面の絶妙な色彩の変化は引き込まれるような模様で、金色の装飾がまた艶やか!18世紀から現在まで変わらず、女性に人気なのがよく分かります。良いものは良い!(笑)
どうぞ、いつまでも、大切にしてください。ありがとうございました。」

今回は幸い、家具やご自宅の状況から、階段でご希望の設置位置までお運びすることができましたが、もし階段で通らない場合にはクレーン車による吊り上げ作業での搬入を想定しておりました。
物理的に不可能でない限り、当社のスタッフが様々な方法を考え、できるだけ多くの選択肢の中からお客様には最善の選択をしていただきたいと考えています。

『この絵の下に置きたい』というお客様のご希望を一緒に叶えることができて、とても喜んでいただけたので本当に良かったです。
チトセのサービスをご利用いただきまして、誠にありがとうございました。


「価値ある家財」の取り扱いにお悩みのお客様、お気軽にチトセ引越・保管センターにご相談くださいませ!
TEL:0120-561-881
メール:support@cmc1000.com
▶チトセ引越・保管センターのHPへ