24時間作業引越保管サービスを開始してから、早いもので6年の年月が経ちました。

おかげさまで、TVでも取り上げられました。

日々体制を整え、月30件~の緊急対応の案件が入ります。

 

「そんなの本当にあるの?」

 

と思われる方も多いと思います。

本当にあるんです。

もし・・・

夜間に荷物を移動する状況に、急に置かれてしまったら?」

「財産である家財を、緊急に動かす必要が出てきたら?」

悩みは深刻です。

 

「どうしたらいいか?」

 

お困りになると思います。

 

夜中の撮影

「住宅トラブル(漏水や火災)!」


「通信販売で買った大型ソファ・・業者が玄関前までしか運んでくれない・・」


引越し業者が来ない!今日退去しないといけない!」


自身で引越作業を行っていたが…途中で腰を痛め断念。今日中退去が約束・」

などまで

 

漏水保管TV

天井が抜けるほどの水が・・

様々な立場状況に置かれたお客様の緊急なお悩みにより、日々電話が鳴ります。

今回は、そんな状況を解決している夜の引越便=24時間”走る”引越しサービスをテーマに、テレビの画像を交えながら事例をご紹介したいと思います。

 

「今日中にお願い!」に対応できる理由 ”即日の引越事例”

”即日の引越事例”をご紹介いたします。

T様は、東京都内の緊急引越で当社をご利用いただきましたお客様です。

T様この度は、誠にありがとうございます。

T様は、就職の関係で急な退去をする必要が発生したそうです。

 

ご希望は

「本日、お願いしたい!」

でした。

 

電話対応を行ったスタッフが、そのまま駆け付ける「緊急の対応」となりました。

 

電話対応スタッフ

電話を受け、詳細を確認するスタッフ

当社では、電話対応、訪問プラン作成、現場サービス(引越、保管、ハウスクリーニング)対応、システム入力業務などあらゆることを行える「多能工スタッフ」が数多くいます。

この緊急対応を可能にしているのは、「日々の管理体制と多能工スタッフ」のおかげです。

 

 

緊急引越し

テレビ撮影中、緊急の案件が発生

現住居へ訪問することが不可能!その場合は?

通常は、一人ひとりのお客様の案件に対し、スタッフ全員で「事前打ち合わせに時間をかける」のが、我々のスタイルです。

 

事前ミーティング

事前ミーティング

しかし、緊急対応の場合は「事前確認なし」となるケースが非常に多いです。

 

 

現場に急行

現場に急行

それ故、お電話でプランニングを行います。

電話では、あらゆる角度から「プロの視点で質問」を重ねていきます。

 

今回T様の引越は、緊急の対応のため ” 夜間 “ の時間帯になりました。

その為、当日転居先に荷物を降ろす事は、近隣様のご迷惑になる可能性が高いです。

そのため、いったん

“自社の室内倉庫で荷物を一時お預かりして、後日、転居先にお届けする。”

 

というプランを作成して現ご住所へ急行いたしました。

 

現場に急行

現場に急行

緊急対応~夜間作業の様々な工夫

到着シーン

挨拶も小さな声で

極力静かに音を立てず挨拶をいたします。

緊急対応では、夜になる事が多いため「音」に対してとにかく注意をいたします。

静音台車、底の柔らかい靴、アイコンタクト、作業指示のサイン(手話)、駐車の位置から車両の通行経路まで、ありとあらゆる万全の対策をして臨みます。

 

 

作業シーン

声を出さぬように、大型家電を慎重に運ぶ

「高い作業品質と最高のホスピタリティ」は我々スタッフの共通の考えです。

決して妥協しません。

今回のT様にも、喜んでもらい役に立つため、スタッフは「作業ではなくサービス」を実行します。

 

荷物保管の為、倉庫へ

T様の現住居での積み込み作業を無事に終え、金田(カネダ)は室内型倉庫へ荷物の保管作業に向かいます。

 

保管倉庫へ急行シーン

積み込み作業終了後、室内倉庫へ急行

倉庫に到着して格納作業に取り掛かります。

防塵対策や防湿対策などを実行します。

大きなソファは保管専用ラックを連結させ、荷物に負担がかからない様な状態を保ち格納いたします。

段ボールなどを格納したラックは、フォークリフトを利用し積み重ねて整頓していきます。

 

 

倉庫内保管作業

参考写真:倉庫内作業

全ての作業が終了いたしました。

ご利用後、すべてのお客様が最後は「笑顔」になっていただけます。

突然「どうしてよいか?分からない!」そんな状況下に置かれ、その悩みが解消し、本当に安心されるからです。

 

夜の引越便は、お客様を
「笑顔」にするサービス

お客様運び出し後記念撮影

運び出し終了後T様も安心され笑顔に!(*^^)v

 

記念撮影

倉庫で数日保管後、運び込み終了後スッキリ笑顔ご新居で(^_^)v

決してホスピタリティは忘れません。

お客様から不安を取り除き安心してもらう。

喜んでもらうこと。

それが「夜の引越便」で私どもの「サービス」です。

 

夜の引越便に対する「思い」:TV撮影をおこなう理由(わけ)

緊急な案件は日々、増え続けています。

理由には社会背景もあります。

そして、その対応は、日々複雑化しています。

 

代表のコメントシーン

お客様の置かれる状況はとても深刻

 

 

引越業界構造全体の歪み

依頼した引越し業者が来ない!

 

契約した引越業者が当日来ないんです・・今日中に退去する約束なんです・・どうしよう・・・

 

 

依頼した引越し業者が来ない!

夜まで必死に探すことに…

このような事態になるのは「なぜなのだろう?」我々スタッフは思います。

緊急出動で出会ったお客様達の ”怒りを通り超えた諦め” それをお聴きします。

 

「サービス業界全体が、最早サービスをしていない」
そう感じる瞬間です。

 

私どもスタッフは、同じような高い基準で、緊急対応を「作業ではなくサービス」として行える業者が「1社でも多く社会に増えて欲しい」と思っています。

全国に、沢山増えれば「藁にも縋る思いで不安を抱えるお客様方が減る」と思います。

もちろん体制を整えるのは大変です。

そんな「小さな会社」がたくさん増えれば、きっと皆様方に喜ばれると思います。

役に立つと思います。

 

 

テレビ撮影裏側様子

テレビ撮影裏側様子

だからこそ、テレビで撮影され、その「ノウハウを全て公開してほしい」と思っています。

競合が沢山増えたその時は、私どもの「夜の引越便」は、選ばれず無くなるかもしれません。

それでも、サービスを提供できる業者が増えた結果、緊急性の高い家財の取り扱いに対する悩みに、ご不安を抱えるお客様方が減ります。

そして、その積み重ねが、いつか最大の社会貢献になると我々スタッフは、考えています。

 

 

最後に、緊急・夜間のご料金について

電話が鳴る時もあれば、問い合わせもない日もあります。

その中で、緊急・夜間の “即日” 出動体制を整えることは、スタッフにも負荷がかかります。

一部の業社様では「深夜帯料金の方が安くなる。」ということを謳われています。

 

当社では、「不可能」です。

「日中のお引越し料金の2倍~3倍のご料金」がかかります。

 

安全で確実なプロのスタッフにより体制を整えるためです。

緊急や夜間しかできないお客様のため、事業を継続するために必要なご料金となります。

どうぞ、皆様方、予めご理解をくださいませ。

 

 

お気軽にご相談くださいませ!

プレミアムストレージサービススタッフ

様々な状況下で家財の取り扱いにお悩みのあるお客様方、諦めず、冷静に、当社へご相談くださいませ。

スタッフ一同、心よりお待ち申し上げます。

 

お問合せフォーム

フリーダイヤル
 ➡0120-980-396


メールアドレス
 ➡service@premium-storage.co.jp

注)2018.6.社名変更「プレミアムストレージサービス」