当日見積&当日引越|不要品処分も全て合わせて今日に一社で解決

今回は急な退去を伴うお引越しで、依頼をいただいたお客様の事例をご紹介します(*゚ー゚)>!

夜の引越便専用ダイヤルより、お問い合わせがありました。アドバイザーが話を伺うと、

 

「今日の引越しをお願いできますか?」

 

当日引越し依頼でした。

即日での引越しの場合、荷物のご準備が間に合わなかったり、遅い時間での作業になることがあります。

お客様のご要望に沿ったプランを作成するため、アドバイザーより状況をお聴きすると、仕事が忙しく、引越しの手続きなどがなかなかできなかった。

そうこうしているうち、翌日に退去日が迫ってしまい、すぐにでも荷物を出さなければならない状況に (ノ゚ο゚)ノ!!

なんとか今日中に引越しができないかと、インターネットで検索したら、当社がヒットしたので、お問い合わせをくださったそうです(*⌒∇⌒*)

 

 

7%e6%9c%8830%e6%97%a5

基本料金の元となるトラックサイズは、お荷物の総量によって変わります。大体のお荷物の数をお伺いすると、

 

「仕事中なので、細かい荷物がわからないんです」

処分品もあるので、想像よりも多くなるかも。とお困りのご様子。

本日中に、お荷物の運び出しが確実に完了できるように、サービスプランナーが、17時以降で無料の訪問見積もりへ伺う約束をしました(^-^*)/

約束通り17時過ぎにサービスプランナーが伺い、お部屋を拝見すると、新居に運ぶものはダンボール10箱以内と座椅子・雑貨と、少な目。

新居に持って行く以外の家具は処分をされたいとのご要望ですヾ(^∇^).

処分するものは、コタツ、ガラステーブル、テーブル(小)、ソファー、カラーボックス2点、布団、雑貨と多目ですが、サービスプランナーは長年の経験により、新居に運ぶお荷物も含めて、全て2t車で積載できると見積もり。

2tショートトラック1台サービススタッフ2名、その日の21:00~22:00の間に引越し作業開始予定のプランで提案すると、即日での対応と、不要品処分も一緒にできることにご満足いただき、ご契約をいただきました(*゚ー゚*)

 

 

7%e6%9c%8830%e6%97%a52

※当社の2tショートトラックです。

その日の夜、サービススタッフが伺う10分前に電話でのご連絡をすると、お客様のご友人も、旧居へ引越し準備の手伝いに来てくださっているそう!

サービススタッフが到着すると、外で待っていてくださり、部屋まで案内してくださいましたヾ(@⌒ー⌒@)ノ

室内に入ると、処分する荷物と持っていく荷物が分けて置いてありました。

サービススタッフは、作業を開始する前にお客様に再度確認をとり、処分する荷物には目印に養生テープを貼り、新居に持って行く荷物と、処分される荷物の区別がつく様に準備をいたします。

これで処分品をご新居に持って行ってしまうこともありません( ≧∇≦)!

また、処分品を一緒に運ぶ際、処分品から先に運び出し、トラックへ積載します。

新居に運ぶ荷物は、最終的にトラックのコンテナの手前側に来るように積載しなければなりません。

 

 

7%e6%9c%8830%e6%97%a53

新居に運ぶ物を奥に(先に)積載してしまうと、ご新居でお荷物を降ろす際に処分品を一度降ろしたり、コンテナ内で移動したりする必要があるからです(ノ△・。)

実際に処分品から運び出しをしていると、

 

「申告していない物で、まだいらない物があったんですが、追加ってできますか?」

 

棚板、置き時計、加湿器の追加をしたいとのご希望。

「大丈夫ですよ!トラックにもまだ入りますので追加できます」不要なものは一回でまとめてできると便利ですよね(*^▽^*)

 

 

7%e6%9c%8830%e6%97%a54

処分品の積み込みが終わり、メインのお荷物の搬出作業に取りかかると、カーテンやキッチン周りの小物が梱包されていないことに、サービススタッフが気づきました。

「台所用品やカーテンも、お荷物を運んでいる間にダンボールにまとめていただければ、そのままお運びしますよ」
お客様にお伝えして、ダンボールへの箱詰めをしていただきました。

最後にキッチン周りの小物を梱包したダンボールを積み込んで、お部屋にお荷物が残っていないかチェックをいただいて、旧居での作業完了。

自家用車で移動されていたお客様と、新居で合流すると、新居には同棲相手の方が住まわれていて、既にご就寝されているとのこと。
そのため、ご就寝されている部屋とは離れた、玄関の近くの部屋に荷物を入れてほしいとのご指示(*’ー’*)!

搬入先の部屋が離れているとはいえ、寝ている人を起こさない様に搬入作業をする。
夜の引越しに慣れているサービススタッフの本領発揮です。

 

 

7%e6%9c%8830%e6%97%a55

お客様よりお部屋の位置を伺って、助手のサービススタッフとも入念に打ち合わせ。

幸い玄関側に近い部屋への搬入ということもあったので、玄関は開けたままで固定して、出来るだけ物音を立てない様に黙々と作業を行いました(*^ー^*)

荷物の搬入が終わり、最後にトラックの荷台に荷物が残っていないかをご確認いただき、新居での作業完了!

 

お支払いの際、サービススタッフより
「実はブログやフェイスブックを運営しておりまして、お客様との写真を掲載しているんです。もしよろしければ、是非一緒に写真を撮らせて頂きたいのですが・・・」

と申し出ると、お二人とも

「いいですよ!」

快くOKをくださいました(*⌒∇⌒*)

 

 

7%e6%9c%8830%e6%97%a56

「じゃあ荷物持ってた方が面白いんじゃない?」

ご友人からのご提案で、サービススタッフと共に全員、荷物を持った状態で写真を撮っていただけましたヾ(@^▽^@)ノ!!

 

担当スタッフより

急なお引越しになってしまい、ご準備も大変だったかと思いますが、当社にご連絡いただき、お力になれて幸いです。

お立会いただいたご友人にも、記念写真の撮影をご協力いただき、感謝しております。

ご就寝されていたご同居人の方には、ご挨拶できず残念でしたが、お二人での新生活のお手伝いをご依頼いただき、ありがとうございました。

お引越しをご依頼いただき、ブログ掲載にもご許可をいただきましたT様、ご友人様、本当にありがとうございました。

 

 

HPへ

 

お気軽にご相談くださいませ!

お気軽にお問い合わせください!

価値ある家財のお取り扱いでお悩みのお客様方、お気軽にご相談くださいませ!

スタッフ一同、心よりお待ち申し上げます。

 

お問合せフォーム

フリーダイヤル
 ➡0120-980-396


メールアドレス
 ➡service@premium-storage.co.jp

注)2018.6.社名変更「プレミアムストレージサービス」