家財お預かりサービス:保管専用梱包の倉庫内研修実行!

 

個人様の大切な家財をお預かりする機会が多い当社では、倉庫で保管する家具に、極力家財に負担がかからないように梱包をいたします。

専用の保管ラックに格納する前、倉庫の専任スタッフが目視で再確認いたします。

そして、一つひとつ丁寧に梱包をいたします。

 

 

 

作業品質の担保

家財には、様々な形や素材がございます。

難易度の高い家具の梱包運搬~倉庫保管まで、あらゆる局面に備え研修を行っています。

日々スケジュールを立て、保管用梱包研修を行い “室内型保管サービス” の質を担保しています。

今回は、そんな研修で行った家財の保管用梱包を簡単にご紹介いたします (^O^)/

今回の研修で使用した家具は、葉山ガーデン製ライティングビューローとスタッフ自作の椅子(*^^)vとなります。

 

今回取り扱った家具の紹介

ブランド:葉山ガーデン
製品名:ライティングビューロー
サイズ:W800xD290xH115(㍉)

ひと昔前の葉山ガーデンのロゴ(^-^)

葉山ガーデンは、三浦郡葉山町で誕生したそうです。

 

 

引き出しの取っ手も可愛いですね~(*´з`)

オリジナルにこだわり、失敗を繰り返しても決して折れない不屈の精神、妥協なきモノづくりで、木の温もりを提案してきた日本が誇る家具ブランドです。

非常に、素敵な木製オリジナル家具製品がたくさんございます。

 

 

正面の模様 (*^-^*)

こちらの家具は、イギリスのアンティーク家具を彷彿させるライディングビューローです。

 

 

 

イメージが付くように
家具を梱包する

ライティングビューローや椅子はとても梱包しにくい家財の一つです。

専用資材は、ダンボール以外のモノもたくさん使用いたします。

 

 

様々な資材を利用して安全かつ確実に、外から見たとき梱包された家具が何か?

第三者がイメージが付くように、ライティングビューローと椅子の形を出します。

 

 

当社では、家財を長期保管するだけではなく、その後の設置作業まで行うことが多いです。

その為、保管~運搬設置までの期間が大きく開くことがございます。

 

 

そして、別の自社スタッフが運搬設置を行うこともございます。

その場合 「梱包された家具が何なのか? イメージできること!」

とても安全を担保する上で大切なチームワークになります。

 

やりすぎぐらいが
ちょうど良い!

正面・横・裏までありとあらゆる場所から、保管中にホコリが入らないように考えます。

そして、フォークリフトで倉庫内を移動しても振動により破損しないように安全に安全”を重ねます。

 

 

「やりすぎじゃない?・・」って思われるほど研修では、しっかり実行いたします。

この常日頃の事前準備こそが、作業品質を保つ秘訣です。

下記でイギリス製ライティングビューローの取り扱い事例をご紹介しています

是非確認してみてくださいませ!( `ー´)ノ

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

 

 

➡荷物お預かり便LP

 

お気軽にご相談くださいませ

お気軽にお問い合わせください!

価値ある家財のお取り扱いでお悩みのお客様方、お気軽にご相談くださいませ!

スタッフ一同、心よりお待ち申し上げます。

 

お問合せフォーム

フリーダイヤル
 ➡0120-980-396


メールアドレス
 ➡service@premium-storage.co.jp

注)2018.6.社名変更「プレミアムストレージサービス」