即日、今から引越に対応!テレビ朝日報道特集

24時間”走る”引越サービスが、2016年10月17日のテレビ朝日で放映されました。

 

スーパーJチャンネルで当社が取り上げられたのは、今回で4回目となりました。

ありがとうございます。

取材が始まったのは、今から約1年半前からです。

特集1回放映分の取材には、毎回数ヶ月をかけます。

カメラを回す総撮影時間はなんと20時間以上!

その中から内容を厳選して、毎回約20分の特番コーナーが制作・放映されます。

 

 

pdvd_003

 

 

※今から1年半前、第1回取材時の撮影の様子。下の写真に写っているのは番組ディレクターさんです。

※今から1年半前、第1回取材時の撮影の様子。下の写真に写っているのは番組ディレクターさんです。

 

今回は、その第4弾で放映された内容を通じて「24時間”走る”引越サービス」をご紹介いたします。

 


運搬~保管まで、当日の依頼で緊急出動!その理由は、頼んだはずの引越業者が・・・


 

夜21時、当社に1本の電話が入りました。

「すみません、頼んでた引越業者が・・・まだ来ないんです!

かなり困惑の声でした。

 

%e3%83%86%e3%83%ac%e3%83%93%e6%94%be%e6%98%a0-6-672x394

 

 

即日対応が可能な引越業者を、必死に探して当社チトセにたどり着いたS様は、本当に切羽詰まった声でした。

「どうしても、今日中に、退去をしなければいけないんです…」

S様のご事情をよく聴き、普段より臨戦態勢で備えているスタッフ達は、すぐに事前打ち合わせをし、準備を整え現場へ急行します。

 

 

capt67

 

 

23時半には、現場へ到着いたしました。

 

 

capt_113

 

 

本来は、他業者が来る予定だった為、荷造りはほぼ完璧です。
トラック到着後、すぐに準備をして積込み作業を開始します。

 

 

capt_121

 

 

S様は退去日から入居日までの期間が4日間あり、もともと頼んでいた業者に「荷物の一時預かり(保管)」もお願いしていたそうです。

 

 

capt_148

 

 

お荷物は当社の保管倉庫でお預かりいたしました。

当社では、緊急性のあるお悩みに、いつでも対応するため、保管倉庫も24時間体制で受け入れ可能です。

荷物をお預かりして4日後・・・ピンチを一緒に切り抜けたスタッフとS様の距離も「グッと!」近くなり、一緒に記念撮影を行いました。

 

 

%e3%83%86%e3%83%ac%e3%83%93%e6%94%be%e6%98%a0-9

 

 

「本当にどうなるかと思って泣きそうでした…でもチトセさんに頼めて、助かりました!」
新居に無事、荷物が搬入され、安心されたS様は素敵な笑顔でした。

 


深夜~早朝にかけての店舗の移転。制限時間内にテナントビルへ荷物の搬入!


「美容室閉店後の深夜に、荷物を運び出さなければいけない」というご事情から24時間作業対応の引越業者を探し、チトセにご連絡をいただきました。

移転先が複合商業施設のため、他の店舗が閉店している午前2時~6時までの間に搬入作業を終わらせる。」とういう条件です。

 

 

capt_036

 

 

深夜の搬出・搬入作業の為、スタッフたちは黙々と作業をこなします。

 

 

capt_046

 

 

「午前6時まで!」という、タイムリミットも近づき、スタッフも気合でもうひと踏ん張り!

 

 

capt_052

 

 

 

capt_057

 

 

制限時間内に終わるように手早く、そして丁寧にお荷物を搬入します。
予定通り、美容室店長とお約束の午前6時前に搬入作業が完了です。

 

 

capt_063

 

 

緊張感のある仕事を終えて、スタッフも「ホっとして・・・」ようやく安堵の笑顔になりました。

 


自宅で葬儀がしたい!急きょ即日対応したチトセの運搬保管サービス


お昼過ぎに1本の入電が・・

「母が亡くなり自宅で葬儀をするので、一時的に家具を預かってもらいたいのですが…」
お話をうかがうと、とても深いご事情です。

「故人(母)が大好きだった、自宅で葬儀を上げてあげたい」というT様のご要望をかなえる為、その日の夜22時に間に合うようにスケジュール調整。

事前打ち合わせの上、掃除道具も準備してお客様宅へと向かいます。

 

 

capt_239

 

 

荷物はすでに丁寧に仕分けられていて、運び出ししやすい状況です。
お部屋の奥には、とても立派な祭壇がありました。

 

 

capt_253

 

 

 

capt_251

 

 

荷物は少なかったので、運び出しは決して難しいものではありませんでしたが、故人の思い出の品を決して傷つけぬよう、家財の埃を丁寧にふき取りながら、細心の注意を払いとてもゆっくり、ゆっくりと、トラックの荷台まで運搬しました。

 

 

capt_268

 

 

capt_274

 

 

荷物が置いてあったお部屋の照明のホコリを落とし、モップで掃き掃除し、床の水拭きをします。

 

 

capt_300

 

 

スタッフもお線香を上げご冥福をお祈りさせていただき、作業を完了。
室内型保管倉庫まで運搬後、大切に保管専用ラックへ格納いたしました。

 

そして4日後、室内型保管倉庫で預かったお荷物は日中にお届けしました。

 

 

capt_308

 

 

capt_318

 

 

トラックが見えなくなるまで見送ってくださったT様。

 

 

capt_323

 

 

そんなT様のお力になれて本当に「夜の引越便」をはじめて良かったと思います
ありがとうございました。

 

 


もっと皆さまのお役に立てるように


緊急を要する事態や、特殊な環境、お客様ご自身の深刻な悩みなど…。
お引越しには本当に様々なご事情があります。

創業して4年。

これからもよりたくさんの方のお役に立てるよう、お客様の悩みに寄り添い、サービスの向上にスタッフ全員で取り組んでいきます。

このブログをお読みになった方やそのご友人様やご家族様など
様々なご事情でお困りの方。諦めるその前に、ご連絡・ご相談くださいませ。

そして今回のテレビ放映にあたり、撮影にご協力いただきました皆様。

誠にありがとうございました。