即日の運搬保管! 都内一戸建てのCM撮影に伴う、プロの養生~原状復帰までの緊急サポート事例!

緊急性の高い問題が発生し、荷物の取り扱いにお困りのお客様方がいます。そのようなお客様方のために、24時間作業を行っているチトセでは、様々な案件が日々入ります。個人様から法人様まで、本当に色々なご事情がございます。その中で、今回はテレビCM制作会社様の撮影を伴う荷物の取り扱い緊急サポート事例をご紹介いたします!

緊急対応の案件が入れば、スタッフの動きは機敏!(参考:テレビ朝日取材時の写真)


ご依頼は大手CM制作会社様!「どこの業者にも断られ・・」


月末に一本の電話が鳴ります。「月末27日に荷物を出して、30日に元に戻してほしいんですが・・・御社はできますか?それと、人の家なので、絶対に建物に傷をつけてほしくないんです!」非常に困ったお声でした。それに対し、オペレーターの山本(ヤマモト)は「即日の運搬や荷物の保管にも24時間作業で対応しています。養生に関してもご安心ください、大丈夫ですよ!」とお伝えしました。


参考写真:制作会社様のご依頼によりフロアの養生を行った文化施設「龍生会館」

それを聴くとA様は「良かったぁ、」とご安心されました。数十件も電話をかけ続けてやっと要望が叶ったということでした。


CM撮影は2日後、お客様のご要望は?


今回チトセに電話をくださいましたお客様は、CMやテレビなどを制作されている会社のご担当者A様でした。この度はご連絡いただきまして誠にありがとうございました。

内容を聴くと「今回のCM撮影は、都内一戸建ての室内で行われます。在住している住人様の物件をお借りしての撮影です。その為、建物には絶対傷をつけることはできません。撮影に不必要な家具を運び出したいんです。」そして「撮影終了日に、すぐに元通りにしてほしい!」というご要望でした。そして、撮影開始まで「あと2日!」。


入念な電話プランニング


A様も時間が取れず、現地調査に伺うことが出来ません。山本(ヤマモト)は「撮れるだけのお写真を送ってもらえますか?今から撮る場所やモノについてお伝えいたします。」そのように伝えて、制作会社担当者様にご協力いただき、作業に関わるあらゆる箇所の写真を送ってもらいました。

目で見ることが出来ない以上、電話でしか状況確認ができません。山本(ヤマモト)は慎重に、入念な電話プランニングを実行いたしました。


参考写真:家具の写真の一部

「お客様のタイムスケジュールは?」
トラックのサイズや台数は?」
「どのくらいの作業人数が必要か?」
作業時間はどれくらい余裕があるか?」
搬入経路や間口の大きさ、荷物の大きさや量は?」

参考写真:搬入経路の写真の一部

送っていただいた写真と照らし合わせながら、一つひとつ状況を確認していきました。そして、ご要望である「元通りにする」こと。それに対しては、運び出し作業時に写真を撮影する。その写真を参考に原状復帰作業を行う。このゴールを想定してプラン作成をいたしました。そして、A様よりご成約をいただきました。


ベテランスタッフによるプロの養生サービス


予定通り当日は、運び出し前に、お部屋と荷物の写真を担当スタッフが撮影します。


参考写真:原状復帰作業のために事前に写真撮影(^O^)/

そして、養生作業(保護)を始めていきました。今回の案件には、3人掛けのソファーをはじめとする、沢山の大きな家具があります。それらを運ぶ際に、壁を傷つけない様にいたします。

参考写真:一戸建て養生作業

チトセでは、制作会社様からのご依頼を年間数十件承っております。それだからこそ、ご連絡をいただいた担当者様の状況立場をすぐに察知することができます。「きっとこういうことに困っている!」今回、山本(ヤマモト)がA様に対して、即、ご提案をできた理由は、経験に裏打ちされています。

また制作会社様では「養生」というサービスだけの仕事を承るケースも多いです。
「本日の朝に養生をして、本日の夜に撤去と残材処理をお願いしたい!」


エレベーターからフロアの隅々まで建物を保護します!(*^^)v

例えば
「文化施設フロアエレベーター」を午前中養生、午後19時以降撤去作業
「タワーマンションフロアエレベーター」午後19時養生、翌朝9時撤去
「一戸建て丸ごと」午後16時養生と家具保管、夜22時家具設置と養生撤去
「会員制レストラン全フロア」夜21時養生、翌朝11時撤去

などです。このような依頼が“年間数十件以上”直接、制作会社様からチトセに入ります。また、大規模な養生サービスに関しては、養生専門のプランナーも存在していますのでご安心いただいております。

写真右:制作会社様担当の養生専門のプランナーの井川(イカワ)(*´з`)

続いて、家具の梱包を行いました。スピードが問われる制作会社様の作業に関しましては「引越資材」を上手く利用し速やかに運び出しを完了させます。

ハイパットと呼ばれる専用資材で梱包して速やかに運び出す!( `―´)ノ

トラックに積み込みが終了して室内型大型保管倉庫へ向かいます。


室内型保管倉庫へ


室内型大型倉庫は、総面積3309㎡・高さ9mの巨大空間です。

横浜町田本社倉庫:総面積1755㎡:531坪(事務所2階建て、倉庫部分3階建て)

神奈川県座間倉庫:総面積1154㎡:470坪 (大型平屋倉庫が敷地内に2棟!)

その大きさと管理体制により
「どんな大量・大型・高級なモノでも即日対応できます!」

そして2日後、撮影していた荷物の写真を利用し、完璧な原状復帰を実現していきます。元通りに家財が設置されたお部屋を確認していただき、作業がすべて無事終了いたしました。CM撮影も無事に終了したようでした。そして、制作会社担当者様も「ホッと!」安心されていました。


制作会社様のお役にも立ちます!


プランナー兼サービススタッフの山本(ヤマモト)

スタッフ山本(ヤマモト)コメント
これまで、CM制作を伴う即日の荷物移動に始まり、すぐに使わない巨大セット(大道具)の保管や、撮影スケジュールに合わせた荷物のお届けなど、様々な場面でお力になってまいりました。即日や緊急のお荷物の取り扱いでお困りの時は、お気軽にご相談くださいませ!


緊急性の高い荷物の取り扱いや養生(建物保護)にお悩みの皆様方は、お気軽にチトセ引越・保管センターにご相談くださいませ!

TEL:0120ー561ー881
メール:support@cmc1000.com

▶チトセ引越・保管センターのHPへ