カフェ店舗の引越を伴う荷物の長期保管!梱包~船便の長距離輸送まで1社で完結

今まで営業してきた店舗を思い切って「新天地」に移転させる決意をする。様々思いを巡らして、「どこに店を開業しようか?」考えたとき・・

「東北か?関東か?九州か?」など、自営業をされている方には、そんな人生のタイミングがあるのではないでしょうか?

また、すぐに開業する場所がみつからない場合もあると思います。そういうときは「ゆっくり、納得のいくまで探してから、本当に気に入ったところで開業したい!」という気持ちがあると思います。

「開業場所を探す間、どこか安心して保管できる倉庫はないかな?」
荷物の運搬は、どうしよう?どこに相談すれば?」
開業場所が遠方になったら、保管した荷物の輸送が必要」など

新たな事に挑戦すると同時に、様々なご不安があると思います。

今回は、そんなお悩みで、チトセにご依頼をいただきましたK様の「店舗家財の長期保管と船便輸送事例」をご紹介したいと思います。


沖縄にカフェを移動する!


K様はチトセの「荷物お預かり便」のホームページをご覧になり、ご連絡をくださいました。K様この度は、チトセにご相談くださいまして誠にありがとうございました。

➡「荷物お預かり便」

ご相談の内容

沖縄に現在のカフェを移転したいと思っている。」
「移転の見積もりをお願したいです。」
「また移転する先がはっきり決まっていないので、その間保管してほしい。

そのような内容でした。

電話を受けてシステムへ情報入力!

 

店舗の引越ともなれば、什器や業務用冷蔵庫、その他の専用器具があることが考えられます。K様のご要望をさらに詳しく聴くために、プランナーの内ケ崎(ウチガサキ)が現地の店舗に向かいました。

写真左:ベテランプランナーの内ケ崎(ウチガサキ)プラン作成時

ベテランプランナーである内ケ崎(ウチガサキ)は、店舗移転時のプラン作成には慣れております。現地に着くまで今まで取り扱ってきた内容を思い出しイメージしながら準備をして向かいました。

また、今回は、沖縄への長距離輸送もあるため、提携会社との連携も必要となります。その点も加味しながら慎重に現地調査をする必要があります。緊張感を高めていきます。


プランナーの現地調査


現地に到着して、カフェ店舗全体を確認していきます。

カフェテーブルや椅子などが、所狭しと「ギッシリ」あります!( ゚Д゚)

壁には大きな絵画が・・(#^^#)

厨房用品もあります!( `―´)ノ

K様
「宮古島でカフェを開こうと考えています。」
「向こう(宮古島)の状況を調べるところからです。」
「その間、この店舗にある備品や冷蔵庫、厨房用品などを預かって欲しいと思います。」
「また、開業場所が決定したら、届けてもらうことは可能でしょうか?」

そのような内容で話されました。

それに対しプランナーの内ケ崎(ウチガサキ)は
「これまでも、店舗用のシンクや業務用冷蔵庫、テーブルから椅子、横幅3m以上の巨大看板や石像まで預かった実績もあります。」

「どうぞ、お任せください!また、宮古島への長距離輸送に関しましては、提携業者にてのお届けになりますが、そのあたり、K様にとって問題がないようでしたら、そちらの手配まで1社ですべて承れますのでご安心ください!」

K様
「あー良かったです!ホッとしました、よろしくお願いいたします。」
とご安心され、ご成約をいただきました。


事前打ち合わせによる目的の統一


「長期保管~宮古島への輸送まで!」という大きなプロジェクトになります。関わるスタッフを集めて慎重に打ち合わせを重ねていきます。

関わるスタッフ全員による事前ミーティングの様子

現地調査時に撮影させていただいた写真を元に、荷物の説明、搬出経路、梱包について、お客様の要望などをチームに伝え、プロジェクトの「目的ゴールを統一」していきます。

この「共通の目的」を全スタッフが共有することが大切です。そして、それこそ、プロジェクト成功の大きなポイントとなります。それゆえ、我々は事前ミーティングに時間をかけます。


長期保管用の梱包とベテランスタッフの技術


現地店舗に到着したスタッフチームは、運搬、梱包、トラックへの積み込みなど、事前に分担したそれぞれの役割を実行していきます。

業務用器具もあらかじめ用意した資材で次々と梱包!

こちらはクレープを作る機材のようです!カフェならではですね!

ダンボールをうまく使い、巻き込んで記載をしていきます(^^♪

エアキャップと巻段ボールを使い、丸テーブルのかたちに梱包いたします。

分解できる部分は、スタッフで分解してパーツも一緒に入れ込みます。

梱包が終わり次第速やかに運び出し、トラックに積み込みます。

重量級の業務用機材は3名体制で慎重に搬出いたします。


絵画はこんな感じで!(#^^#)

荷物は写真で、事前段階に確認しています。そのため、各荷物を梱包する資材の準備も万端です。ベテランの梱包技術と慎重かつ的確な搬出により、スムーズに作業が完了いたしました。


室内型保管倉庫の品質


荷物を満載に積み込んだ3トントラックが、神奈川にあるチトセの室内大型倉庫に到着いたしました。

3トン車が荷物を積んで倉庫に到着します。

倉庫に待機していたスタッフも加わり、予め準備してあった保管専用ラックに、店舗の荷物を格納していきます。

防塵対策は天井までしっかりと!

参考写真:大きなソファなどは収納ラックを2連結いたします!

長期保管用に頑丈な梱包がされていますので、積み重ねをしても安全です。プロの格納作業で、きれいに積み重ねラックスペースにピッタリと納まっていきました。

収納ラックの中に入れるシリカゲルは防湿対策の為!(^_^)/~

ラック内にシリカゲル(防湿対策)を投入します。そして、防塵対策のため、専用ラップをラックの周囲に巻いていきます。透明なラップは、中身が一目瞭然です。

格納後のラックの写真です。

参考写真:格納後はフォークリフトにより2段に重ねられキレイに並べられます!(*^^)v

この後は、倉庫管理者がしっかり管理業務を引き継ぎいたしました。


受取代行と船便輸送用梱包


その後、2年間が経過し、K様より「店舗の場所が確定しました!」と連絡が入ります。

またその店舗に持ち込みたい「厨房のシンクを購入したので、チトセさんの倉庫で受取りしてほしいのですが、お願いできますか?」というご要望がありました。

受け取った新品の「シンク」を船便長距離輸送用に再梱包!!(^^)!

K様がご購入されたシンクを倉庫で受取代行し、船便で輸送できるように再梱包をいたします。また、宮古島へと出航する船便の期日も決まりました。

期日に合わせ、その他の荷物も一度すべてラックから出します。そして、長距離輸送用に再梱包をしていきました。

荷物一点一点を「船便長距離輸送用」に再梱包していきます!

椅子もリパック(再梱包)(#^^#)

 

再度、収納ラックに格納いたします!

宮古島への輸送期日が来るまで、安全を担保するため保管ラックに、再び格納いたしました。


宮古島行20フィートコンテナへ格納作業


宮古島フェリー輸送用のコンテナが有明埠頭に到着していました。

コンテナには、琉球海運の文字と「宮古」の文字が!

3トントラックをコンテナの目の前につけます。20フィートのコンテナです。

荷物の収容スペースには余裕があります。それでも、振動などを考えると適当に積み上げることはできません。

慎重に丁寧に運搬していきます。

隙間が極力できないようにいたします。また、荷物に負担がかからないように、平たく積み上げます。そして、荷物の凹凸にも注意をいたします。

そうして、慎重に3トントラックから20フィートコンテナへの積み替え作業をしていきました。

最後の一個を積み込み、鍵を掛けます!(*´з`)

キレイに荷物も積み上がりました。宮古島行コンテナのカギを閉めました。あとは、提携業者にお任せして道中の無事を祈ります。

これからフェリーで「宮古島」へ!無事につきますように!(>_<)

その後、K様より「無事に全ての荷物が到着して、店舗の開業ができました!ありがとう!長い間、色々と本当にお世話になりました!」と喜びのコメントをいただきました。

遂に2年に及ぶ「長期保管船便輸送プロジェクト」が完了いたしました。


プロジェクトが完了して


スタッフのコメント
K様、この度はチトセの室内型保管サービスをご利用いただきまして誠にありがとうございます。

無事にカフェ店舗の開業が宮古島でできたと聞いて、我々も心より安心いたしました。

また長い間保管庫をご利用されながら、より良い開業場所を見つけるという事例は、他の店舗経営者様で新天地を探している方の良い前例となりました。

今後もチトセでは、夢に向かって挑戦する店舗経営者様のお役に立てるように頑張って参ります。

K様も宮古島の素晴らしい環境の中で、どうぞいつまでも、お幸せにお過ごしくださいませ!スタッフ一同、心よりお祈り申し上げます。


店舗の引越を伴う「家財の取り扱い」にお悩みの店舗経営者様は、お気軽にチトセ引越・保管センターにご相談ご連絡くださいませ!

TEL:0120-561-881
メール:support@cmc1000.com

▶チトセ引越・保管センターのHPへ