室内型保管サービス開発時の苦労と楽しさー移転のご挨拶に代えて

約3年前、先ず始めに、安心と安全のベースになる倉庫を探す事からスタートしました。
1日平均6~7件、見て回ること約200件、気に入った倉庫を見つけ契約をしました。


夜中の倉庫探しスタート


条件の良い倉庫は、申し込みが遅れれば、すぐに別の業者で決まってしまいます。
気に入った倉庫を見つけるために、インターネットで予め、チェックしていた倉庫の外観や立地条件、車両の駐車スペース、周りの環境を知る為に、夜の空いている時間帯に車で回りました。道路渋滞に巻き込まれると件数が回れません。

都内~神奈川を広範囲に、条件に合った倉庫を空いている時間帯に探す。

そして、気になった倉庫があれば、朝一番で不動産業者に電話をして内見をします。
この方法は少々負荷はかかりますが、良い倉庫を見つけ押さえやすいのです。


家財に適した保管用収納ラックとの出会い


荷物の収納ラック選びには、悩みました。「鉄のコンテナ」は、荷物の事を考えると絶対に避ける必要がありましたし、当時は、東北の大地震の記憶もあり、地震に強いラックをひたすら探しました。
やっと見つけたネステナー(収納ラック)は、理想に近いラックでしたが、内向や幅が小さく、大型の家財を収納するのには、不十分でした。
そこで、寸法を大きくしてもらえる業者を探し、大型家具も格納できる
大きさにカスタマイズしてもらいました。そして、さらに通気性が良くなるように底板として「特注の木板」を貼ってもらいました。

特注の収納ラック:ネステナーの格納後の写真(ラップを巻いて防塵対策)

保管サービスには、荷物の安全を担保するための工夫が必要。


倉庫業者の知人に、一番注意するべきことや、実際に起こりうる危険などを、詳しく聴き、収納ラックの周りにラップを巻き防塵対策をして、シリカゲル(乾燥剤)と防虫剤を入れることにしました。特に注意する点は、「ホコリ」だということも教わりました。

全体をラップで巻く前、収納ラックに、防湿防虫対策目的で投入するシリカゲル。

また、倉庫保管サービスの現状の情報収集をする為に見学した、他業者の保管状況も目の当たりにしました。それは、以前お客様から聴いた内容が理解できるものでした。
倉庫の荷物は驚くほどホコリまみれで、ダンボール箱はつぶれ、放置されています。
そして、さらにひどい保管状況の場合は、外のスペースに野晒し(のざらし)になっていました。

私は「これは、サービスになっていない」その様に感じたのを覚えています。


より安全性の高い室内型保管サービスを目指して


当時、我々は「引越」を主なサービスとして行っておりましたので、建て替え・リフォームを伴う場合の、同業の保管状況もリサーチしました。保管方法は「鉄コンテナ」が基本でした。

参考写真:「鉄コンテナ」へ荷物を詰め込んで、無理やり積み重ね収納した例

一部、 真摯的に荷物の預かりを「サービスとして行っている」優良な企業もありましたが、多くの場合、そのような業者は、企業(法人)様向けの倉庫サービスでした。

私は「確実にこの保管サービスは、個人のお客様方に喜ばれる。」と確信しました。


新たな資格の必要性と更なる品質向上を求め


しかし、収納ラック(ネステナー)を動かす為には、フォークリフトが必要です。
当時のチトセには、フォークリフトを動かせるスタッフは一人で、他のスタッフは、免許取得からスタートしなくてはいけない状況でした。

現在、保管リーダーの尾川(オガワ)も、フォーク免許取得は、サービス開始と同時です。

その後、スタッフ全員が「更にサービス品質を向上させたい!」と奮い立ちます。
そして、2016年12月「お客様にとって価値のある倉庫」にするため、我々スタッフは、チトセの本社倉庫を横浜市緑区から移転することを考え始めます。


プレミアムストレージサービスがスタッフの「共通の考え」に


構想から約11か月後2017年11月15日移転を決行し家財とお客様の受け入れ体制が整いました。その本社倉庫では、徹底的に「オフィスづくり」にもこだわりました。

お客様の安心とスタッフのやりがいを創造する空間創り」をコンセプトにリノベーションもスタッフで行いました。ペンキを天井、壁に塗り、床をフローリングに替え、家具を選び、壁の穴を補修し、想像を超える、大規模なリノベーションとなりました。

そして、多くの失敗もございましたが、私にとっても、スタッフ全員にとっても楽しい時間となり、経験した全てが「未来のサービスの糧」となりました。

絵画や手作りの新聞は、お客様より頂いたものです。本当にありがとうございます。

我々の現在と今後の「室内型保管サービス」について


現在、株式会社チトセでは、「Premium Storage services」を共通の考えに
横浜町田本社倉庫:総面積1755㎡(531.8坪)
神奈川県座間倉庫:総面積1554㎡(470坪)
の2か所に大きな保管倉庫を構えております。

横浜町田本社倉庫の外観と3階保管倉庫(より安全と安心な環境となりました!)

我々は、今後も「預かるだけではなくお荷物を入庫時より、良い状態にしてお返し差し上げる」保管サービスのコンセプトとして、他の追随を許さないような、独自性のあるサービスを追求し「モノではなく人にフォーカスしたサービス」で、お客様方の役に立ち、喜ばれることで信頼していただき「信頼という評価」が、サービスを提供する、我々スタッフのやりがいとなり、そして、プライドを持ち、品質を高め続けたいと思っています。

移転のご挨拶に代えて ー 株式会社チトセ 代表取締役 佐野 竜太


「価値ある家財」の取り扱いにお悩みのお客様
お気軽にチトセ引越・保管センターにご相談くださいませ!

TEL:0120-561-881
メール:support@cmc1000.com
▶チトセ引越・保管センターのHPへ