巨大大理石ダイニングテーブルの引越運搬事例!木枠梱包~クレーン吊上げまで、高級家具も安心してお任せ!

こだわり、そして特注のダイニングテーブルを作ってもらった。大きくて高級感ある大理石のダイニングテーブル。新築一戸建てを建設し、リビングキッチンは見晴らしの良い3階にしてもらった。さあ、これから「新居へお引越し!」

ところが・・

階段を通して大理石のダイニングテーブルが搬入できない!」

どこの業者にもできないと断わられてしまった!」

どうしても使いたい!何とかしてほしい!」

そんな状況になってしまったとき、本当にお悩みが深いと思います。今回は、そんな状況下に置かれたM様の「大理石の巨大テーブル搬出搬入事例」をご紹介したいと思います。

 

 


特注大理石テーブルを一戸建て3階で使いたい!


 今回チトセのサービスをご利用くださいましたM様は、以前もご利用くださいましたリピーター様です。

前回利用時の参考写真:タワーマンションから搬出!

M様、この度もチトセをご利用くださいまして、誠にありがとうございます。

今回、M様のご要望は
「現在一戸建てを建設していて、11月末に完成予定です。」

「あと内装だけで完成です。」

「それに合わせて引越しの準備を進めたいと思います。」

「以前も運んでいただいた(※)大理石のテーブルとアンティーク家具が階段では無理そうです・・」

「転居先が、現住居から5、6分のところなので、一緒に新居の状況を見て欲しいです。」

「以前お願いした内ケ﨑(うちがさき)さんができれば良いのでお願いします。」というご要望でした。

先ずは、現地調査に指名プランナーの内ケ﨑(うちがさき)が向かいました。

前回の参考写真:搬入成功後の記念撮影(^^♪

〈以前の事例ブログ〉
(※)特注大理石テーブルのお引越し! 大きくて重い高級家具も安全に運搬

 

 


プランナーによる実行計画


現住居に到着して「久しぶり!内ケ﨑(うちがさき)さん今回もお願いしますね!色々大変なことがあるんですよ!」とM様が言われました。

内ケ﨑(うちがさき)は「お久しぶりです。お元気ですか?ご指名していただきありがとうございます!」とご挨拶をして、早速、状況確認を実行いたします。

写真左:内ケ﨑(うちがさき)プラン作成時の参考写真

ご新居は「4階建てご新築一戸建て」です。1階はガレージ2階~4階が住居スペース。そして3階にリビングキッチンがありました。

ホームエレベーターも付いていました。しかし、今回の目的である「巨大大理石テーブルの搬入」は目測からもエレベーター中には入りません。

階段も隅々まで見ましたが、大理石テーブルの運び込みは不可能でした。

外からしかないな!」内ケ崎(うちがさき)は外回りを確認していきました。さらに、困難なことに1階ガレージ部分の天井が高いです。

その為、一般のクレーン車ではアームが足りず、3階まで届きませんクレーン車自体も大きなものでアームの長いものを用意する必要がありました。

 

 


念入りなミーティングを開催


プランナーの内ケ﨑(うちがさき)が、現地調査時に計測したテーブルの寸法資料を見ながら打ち合わせを進めます。大理石のダイニングテーブルを安全に運びこみ、ご新居で使えるようにするために、あらゆる方法をスタッフチームと話し合います。
〈大理石寸法〉
横幅:2210mm
縦幅:1210mm
厚さ:225mm
重量:200キロ・・( ゚Д゚)

内ケ﨑(うちがさき)が作成した寸法資料

ベテランスタッフで構成されたチームにより、様々な「意見交換や議論」がなされました。今回はもう一つ難関があります。それは、搬出の階段作業です。

 

 

参考写真:全スタッフミーティング

現住居は「手作業」で運び出す必要性があります。そして現住居には、M様のご友人が「M様退去後に住まわれる」ことがすでに決まっていました。

 

 

参考写真:詳細打ち合わせ、真剣に意見交換や議論を行います。

ご新居だけではなく、現住居からの「巨大大理石ダイニングテーブル」の運び出し作業にも細心の注意を払う必要性がありました。

 

 


超重量級!大理石テーブルを階段作業で搬出


作業当日、まずは、階段の養生作業(建物保護)を念入りに行います。寸法上は、”ギリギリ″で、テーブルを通せる幅です。重量のある家財が、万一壁にぶつかれば、激しく損傷してしまいます。

養生作業を行い、机の梱包に着手!

建物損傷に対する細心の注意をして養生作業を行いました。養生が終わり、続いて大理石テーブルを分解、梱包作業を実行いたします。

 

 

全スタッフで慎重にひっくり返します!

スタッフ全員で
「せーの!」

「そっちの方に重さ掛かるから!」

声を掛け合いながら、梱包作業をすすめて行きます。

 

 

テーブルの表面に傷がつかないように、専用シートで大理石全体を巻き込んで丁寧に包み込んでいきます。

 

 

分解した足も1本1本丁寧に、梱包していきます。テープでしっかり貼り付け継ぎ目に隙間が空かないようにします。

 

 

専用のベルトで縛り、持ち手をつくり、呼吸を整え、スタッフは、階段をゆっくり降ろし始めます。

横幅:220㎝
重量:200㎏

 

 

チームで声を掛け慎重に、天板を1階へ降ろします!

 

 

重量物や高級家具を運びなれた「プロのスタッフ」にも緊張感が走ります。

 

 

壁にぶつけぬよう。

 

 

床に落とさぬよう。

 

 

天井に、決してあてないように!

 

 

家には、様々な高級アンティーク家具があります。すべてに注意をいたします。

 

 

全身に力をいれ、決して大理石テーブルの状態がブレないように、バランスをとり、慎重に運び出しを実行いたします。

 

 


安全担保の為、木枠梱包の実行!


まずは、無事に現住居から搬出することに成功いたしました。ここから、ミーティングで決まった打合せ通りに現住居のガレージに向かいます。

 

ガレージには、予め図っておいたテーブル天板の寸法に合う木材が準備して置いてありました。この木材を使い、木枠(きわく)を作ります

大理石テーブルは、トラックに揺られ、さらにクレーン作業で宙に舞います。万一、風であおられ、電柱などにぶつかれば、最悪の場合「割れて」しまいます。木枠で頑丈に梱包し、決して壊れないようにします。

 

 

トラックへ運び込みます!

安全且つ確実にトラック荷台へと運搬いたします。「大理石ダイニングテーブルが使えることで、新生活をより素晴らしく快適な環境にして差し上げること」それが、我々の使命です。

 

 


巨大クレーンを使い空中へ!大理石テーブルの搬入


本当に素敵なご新居です!(^O^)/

新居に到着して搬入経路や家全体の確認をいたしました。いよいよ「巨大大理石ダイニングテーブル」のクレーン引き込み設置作業開始です。

 

 

巨大ラフターを使ったクレーン作業!

 

 

ベランダの角(かど)やご新居の外壁に大理石テーブルがぶつからないように、慎重に声を掛け合います。

 

 

「気を付けて!角(かど)持ったよ!」

 

 

「ゆっくり置くよ!」

 

 

「ブレないようにしっかり押さえて!」

 

 

巨大大理石テーブルは、無事に引き込まれ3階ベランダへ置かれました。

 

 


暮らしを想定した設置サービス


ベランダに一度、大理石ダイニングテーブルを立てかけます。そして、現場リーダーの城戸口(きどぐち)がM様と打ち合わせをいたします。

暮らし方に応じたご提案をする城戸口(きどぐち)

大切なのは「置く場所はどこか?」だけではありません。

どんな時に、大理石のダイニングテーブルでくつろぐのか?

そのライフスタイルに関わるあらゆること。
テーブルの置き方(配置)は「一人ひとりの暮らし方」により変わります。

どんな趣味があるのか?」によっても快適な置き方があります。

M様にとってダイニングとはどういう場所なのか?

それをイメージしていくことでプロとしてのアドバイスがはじめてできる。これは、我々スタッフの「共通の考え」です。

もちろん「一度置いてしまったら重くて動かせない!」という理由もございます。(笑)(*´з`)

 

 


テーブルの設置と残材処理


木枠を解体して、残材などのゴミはキレイに掃除して持ち帰ります。

 

 

ベランダに置かれた巨大大理石テーブルをダイニングルームへと慎重にスタッフ全員で移動させていきます。

 

 

逆さまに置き、足を取り付けていきます。

 

 

元のかたちへとひっくり返します。

 

 

220㎝の長さ、200キロある重さ」です。緊張が走り、スタッフの表情も険しくなります。

 

 

「キッチンシンクにも気を付けて!」

「静かに置いてください!」

「床に直接置かないで!」

何度も声を掛け合います。

 

 

「よしOK!そのままゆっくりシートの上において!」

大理石のダイニングテーブルは無事に搬入されました。

 

 

その後、全ての引越し作業が終了して、荷物が運び込みされると「あっ!」という間に辺りは、沢山の荷物で埋め尽くされてしまいました。

 

 

リビングダイニングルームはこのような感じです!(#^^#)

 

 


大理石テーブルの搬入設置まで終了して


設置までの作業が、全て無事に完了いたしました。世の中に「1点」しかない特注家具。しかも「大理石」です。我々チトセスタッフも緊張いたしました。

作業が無事に終わり安心いたしました。M様にも大変喜んでいただき本当に良かったと思います。最後に、お部屋の中で記念撮影させていただきました。

みんなで記念撮影!(*^^)v 笑顔はサービスのゴール!

〈スタッフのコメント〉

M様、ご利用いただきまして誠にありがとうございます。以前タワーマンションから大理石テーブルを運んだメンバーで再度作業をさせていただきました。

5日行程の大引越プロジェクト」でしたが、その中でも、とても印象にのこる作業となりました。我々にとっても本当に「価値ある仕事」になりました。

この経験を糧に、今後の仕事の役に立て、M様と同じ悩みのあるお客様方のお力になっていきたいと考えています。

M様も素敵なご新居と素晴らしい家財に囲まれ、いつまでもお幸せにお過ごしくださいませ!

スタッフ一同、心よりお祈り申し上げます。

 

 


“価値ある家財″の取り扱いにお悩みのお客様、お気軽にチトセ引越・保管センターに、ご相談くださいませ!

TEL:0120-561-881
メール:support@cmc1000.com

▶チトセ引越・保管センターのHPへ