デセデ(de Sede)のソファを分解して自社倉庫でお預かりしました。

「大切なお客様のお荷物を、安全な場所に保管したい」
リフォーム会社や建築会社の担当者様から、このような家財保管のお問い合わせをいただくことが多くあります。
その中から、特にご依頼が多い高級ソファの保管をご紹介いたします。


リフォームに伴う高級ソファの保管


<今回お取り扱いした家具>
ブランド名/品番:de Sede(デセデ) DS-164
デザイン:フーゴ・デ・ロイター
サイズ(mm):幅2500×奥行1520×高さ780
材質:革(張り地)
特徴:背もたれが可動式で回転する

「de Sede」とは、世界を代表する革張りソファの最高峰、スイスの高級家具ブランドです。
デセデ社のソファは、石原裕次郎さんが愛用されたことでも知られています。
デセデ①

img_5815

 背もたれがくるっと回転!

<お客様のご要望、ご依頼内容>
◆東京都にあるリフォーム会社の担当者様からのお問合せ

  • お客様宅の内装リフォームの間、お部屋の中にある家財を約2週間保管してほしい
  • お客様ご自身はお仕事で海外へ行き来されている。とても忙しいため、荷物の運び出しや保管、リフォームなど全ての手配を一任されている。
  • お客様が海外滞在で不在の間に、工事を完了させなければならない

超高級ソファの分解に必要な人選とは?


当日は家具の知識と作業経験豊富なスタッフと、梱包作業が得意なスタッフを中心にチーム編成をおこないました。
重さや大きさからそのまま運び出すことはできないので、まずはパーツをひとつひとつ慎重に分解し、搬出できる状態にします。
ここでは家具の知識があり、経験豊富なスタッフが中心となって作業を進めます。デセデ③デセデ④

分解されたソファは、梱包が得意なスタッフを中心に、パーツひとつひとつ、素材や形状に合わせてしっかりと梱包をします。

デセデ⑤

お預かりしたソファは自社倉庫に運搬し、収納ラックに格納しました。
その後、2週間の保管を経て、お届けも同じスタッフがお伺いし、元通りの状態に設置いたしました。


「個性を生かした人選。内容に応じて適正なスタッフを選ぶことが重要です!」


作業を担当したサービススタッフより
「造りがしっかりしていて、さらに背もたれが回転する構造のソファだったので、分解から梱包の仕方、保管状態など細部まで特に気を付けて作業に当たりました。
複雑な構造で分解が必要な家具は、最初から最後まで同じスタッフが担当することによって、より安全でスムーズに作業をおこなうことができます。
それから、スタッフの個性を生かした人選、チーム編成も大事なポイントです。
例えば、組立が得意なスタッフがいたり、力持ちのスタッフがいたり、梱包が上手なスタッフがいたり…それぞれ個性があります。
その都度、内容に応じて適正なスタッフを選ぶことは、お客様のご要望に応えるためにとても重要です!」

2ヶ月半後、ソファとカーペットの位置を変えられたいというご希望で再度ご依頼をいただき、お手伝いいたしました!

大切なお客様の家財の保管やご移動、チトセにお任せいただきありがとうございました。


高級家具や特殊家具の運搬・保管は、チトセ引越・保管センターにぜひご相談ください。
TEL:0120-561-881  メール:support@cmc1000.com